大学の医学部を受験するために愛媛にある専門の予備校に通った

医学部受験の意思を伝えると、父に予備校に通うことを進められました

私は愛媛県にある高校を卒業して都内にある大学に通うために上京をして、今は医学部生として毎日一生懸命勉強しています。
私は子どもの頃から医師になりたいと思っていたので、高校に入って直ぐに大学入試に備えて勉強を始めました。
ただなかなか成績が上がらなかったので学校の先生からは医学部に合格するのは難しいと言われたのですが、それでも夢を諦めることが出来なかったので予備校に行って本格的に勉強をすることにしました。
しかし私が最初に入った予備校では主に文系や理系の人を対象にした講義を行っていたので、このままその予備校に通ってもあまり意味がないと思いました。
そこでインターネットを利用して色々と調べたところ家の近くに医学部専門の予備校があったので、そこに通って勉強することを考えるようになりました。
その予備校は少人数で講義を行ってくれる上に担任制で自分に合ったカリキュラムを作成してくれると言うことだったので、私はそこで勉強したいと思い両親に相談をすることにしました。
その予備校は少人数制だけあって授業料等が少し高めに設定されていたので、両親の了解を得なければならないと思ったのです。
そして両親にどうしても医者になりたいことを話したところ、父親がそれならばその予備校に通って懸命に勉強してみるのが良いと言ってくれたのでそこに通って受験勉強をすることになりました。

医学部受験の意思を伝えると、父に予備校に通うことを進められました | 予備校での勉強はとても辛くて何度も逃げ出したいと思うほど